TOKYO MOTOR SHOW ANIME COMPANION

Challenge

東京モーターショーをきっかけに、三菱自動車への興味喚起と好意形成を図る。

Background

日本の東京モーターショーでは、“車(コンセプトカー)とコンパニオンの画像”が 流通する。

日本のネットカルチャーは、アニメファンのコミュニケーション総量が多い傾向。

idea

東京モーターショー三菱ブースをネットに中継するAR二次元コンパニオンアプリ「三菱自動車×ガールズ&パンツァー自動車道三菱流.APP」

日本で大人気のアニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボ。 主人公「西住みほ」が東京モーターショーのAR二次元コンパニオンに就任し、 会場で体験できるARアプリを開発。

東京モーターショー三菱ブースにアプリを持って集まった、コンテンツファン全てをレポーターに変える。

「会場限定」ARコンパニオン機能

AR MARKER

会場にマーカーを設置。スマホをかざすと、ARコンパニオン“西住みほ”が自動車や技術を解説。 会場でしか体験できないスペシャルな体験を提供し、 三菱自動車ブースに集客。

「ファンの写真欲を煽る」カメラ機能

カメラ

2次元コンパニオン“みほ“とセットで映る、展示車の写真や会場の様子の拡散を狙う。

ファンを熱中させる「情報発信」

オウンドメディア、公式サイトから様々な情報を発信しつづけ、コラボ発表からモーターショー会期終了までファンを飽きさせない。

三菱自動車オウンドメディア WEBサイトティザー 'コラボ極秘企画書' WEBサイト メディア
三菱自動車オウンドメディア WEBサイトティザー 'コラボ極秘企画書' WEBサイト メディア

result

施策全体マップ

ソーシャルでの口コミ

アニメ公式からの情報発信 2次元コンパニオンAPP オウンドメディアでの情報発信

12,000 REPORTERS

ソーシャル・メディアでの情報接触 3,756,867uu 認知比率 ポジティブ:ネガティブ=94%:6%