コンセプトconcept

Webクリエイターの制作を支援する。
HTML5, JavaScript, CSSを投稿し共有するサービス
jsdo.it - share, JavaScript, HTML5 and CSS -

制作意図purpus

昨今、iPhoneをはじめとする新しいモバイルデバイスの登場により、マルチプラットフォームの対応が求められています。 そんな背景の中、現在最も注目されている開発言語がHTML5です。 しかしこれまでのHTML5や連携するJavaScript,CSSの情報は、 いわゆるブログ型の記事ベースのものが多く、コードとその実行環境を同時に閲覧するといった直感的に学習できる環境はありませんでした。

そこで私たちは、HTML5やJavaScript,CSSを新規で投稿したり、共有できるサービス『jsdo.it- share JavaScript, HTML5 and CSS - 』
(以下、jsdo.it)を制作しました。
http://jsdo.it/

ソリューションsolution

jsdo.it は、以下の三つの機能を入れてWebクリエイターを支援します。

  • コードの作成・・・ブラウザ上で実際にコードを書く体験できる。
  • コラボレーション・・・優れた作品をカスタマイズし、発展させることで、レベルの高い作品から学ぶことができる
  • Q&A・・・総勢3000名のユーザーへ質問し、回答が得られる。
point4

1. 誰もが簡単に始められるユーザーインターフェース

『jsdo.it』トップページからでコードを入力するページまでに必要なクリック数は1回。1回のクリックですぐにコードを書き始められるインターフェイスを実現しました。

入力されたコードはページの遷移なく実行と修正が可能。ストレスのない制作環境を提供しています。

またOpenIDを使用し、わずらわしいアカウント作成を無くすことで、誰もが簡単に『jsdo.it』を楽しんでもらえるインターフェイスを実現しました。
point4

2. 気に入った作品の書き換え、発展が可能な「Fork 」機能

入力されたコードは自分の作品として投稿することが可能。現在、約4800件の作品が集まっており(2010年9月12日現在)、HTML5でできる表現の限界に近い作品も投稿されています。

『jsdo.it』には他人の投稿したコードをカスタマイズし、そこから自由に発展させる「Fork」というコミュニケーション機能が搭載されています。

Fork機能により、開発されたコードを眺めて学ぶだけでなく、実際に書き換えて発展させる事が可能です。この2つの機能により、『jsdo.it』は多くのWEBクリエイターに、知識と技術を提供しています。
point4

3. 総勢3000人のクリエイターに質問可能なQ&A機能

表現したいものはあるんだけれど、それを実現するコードが分からない。そんな時、『jsdo.it』であれば、 画面上に「questionタグ」を付けて、3000を超える『jsdo.it』ユーザーへ質問することが可能です。

質問者がどこで行き詰っているのかをコードとコメントと共に寄せる事ができ、回答者はその実行環境をチェックして、 的確なアドバイスをもらうことが可能となっています。

http://jsdo.it/qa
point4

4. HTML5とFlashをつかったプログラミングイベント
〜JAM –HTML5♥Flash −〜

著名クリエイターから出題される課題に「HTML5」と「Flash」、それぞれのプログラミング言語の表現で回答するクリエイティブイベント「JAM -HTML5&Flash-」を開催。

本イベントでは、『jsdo.it』と弊社が運営しているFlash版jsdo.it『wonderfl build Flash online』をつかって、HTML5とFLASHのそれぞれのプログラミング言語をつかったWebクリエイティブイベントです。

これまでに、「人間の動作をモチーフに時計をつくってください」や「MediaRSSをフィードとするフォトビューア」といったお題に、国内外のさまざまなクリエイターが作品投稿しています。 http://jsdo.it/event/jam/

5. リリース後のユーザーの声

クレジットcredit

  • Takumi Kataoka
    ( Producer )

  • Masakazu Ohtsuka
    ( Creative Director / Programmer )

  • Atsushi Hashimoto
    ( Art Director / Designer )

  • Nami Gunji
    ( Designer / Markup Engineer )

  • Sayuri Takizawa
    ( Designer / Markup Engineer / Project Management )